FC2ブログ

心もよう-SkaのちRocksteadyところによりCalypso-

ジャマイカンオールディーズ(Ska Rocksteady)のレコードの事あれこれ

Calypso

Karange.jpg Mary Ann
Fiesta(US)- Sir Lancelot - Karange


Fiesta(US)- Sir Lancelot - Mary Ann


 今週末は台風で急に仕事になって、徹夜仕事。先週のイベントの家出発~帰宅の時間がほとんど同じという神さんの悪戯。こっちは被害とかは無くて良かったけど、大変な地域もあるし。でも徹夜は体に堪えるな。

 最近お気に入りのキラー・カリプソ。トリニダード出身の Lancelot Victor Edward がボーカルで1957年の録音みたい。声もカッコええし、何より演奏が渋い。アメリカのレコードみたいやけど、演奏しているのはアメリカの人らなんかなぁ…。アフリカの雰囲気を感じる。
 「カランゲ」ってどういう意味なんかな。ネット引きしても分からない。ルワンダの都市にあるみたいやし、ヒンズー語なんか…。
 これは別の人のテイクもあって、そっちも渋くて欲しいんやけど、たまに検索するけどレコードは出てこない(下のやつ)。Young Tiger テイクは Lancelot テイクに比べるともっとカリプソな感じ。カリプソやのにもっとカリプソ寄りっていうのも変やけど、そっちを聞くと Lancelot テイクはちょっとラテンっぽい感じがする。
 裏は Lord Tanamo も演っているトラディショナル・ソングの、またまた渋い版です。

  1. 2018/07/30(月) 22:11:02|
  2. Calypso,Carib Roots,Ballad
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Ballad

You Are The One Girl
King Pioneer - Theo Beckford - You Are The One Girl


King Pioneer - Theo Beckford - Grudgeful People


 昨日はオーミさん・シンゾウさん・シンジくんが主催のオミヨシンジポンタン(仮)に行ってきました。その前にジャンボリーに立ち寄って美味しいお酒とスパゲッティ頂いてから行きましたんで、スカポンタンに着いたときにはホロ酔いをちょい超し状態。
 ジャンボリーではエエ曲教えてもらったし、オミヨシンジポンタンでは初めましての方とも話できたし、色んなレコード聞けたし、充実&楽しかった週末。

 Theophilus Beckford のレーベル King Pioneer は、結構、魅惑のレーベルだと思ってるんですけど、あまり見けることはない。好きな理由は Raymond Harper が絡んでいる曲が多いのと、佳曲が多いから。Theo Beckford はピアノを演奏したと思うんだけど、歌より曲作りや演奏の方が長けてるように思う。
 そう言えばオミヨシンジポンタンのラスト前のオーミさんがかけてたカリブバラードが Raymond Harper の演奏で、めっちゃ渋い曲だったけど、遠慮してよう聞けんかった。なんちゅう曲やったんやろか。
 上のバラードも出だしから Raymond Harper が全開で、ソロに来たら昇天してしまう。ほんで Raymond Harper の陰に隠れてるけど、ええアクセントになっているのは Ernest Ranglin のギター。裏の曲(こっちがA面やね)は全く Raymond Harper はいないけどナイスなシャッフル・スカ。
 King Pioneer レーベルは黒×銀が多いけど、2~3枚でしか見たことない赤×黒の方がカッコいい。ミスクレジットしていて裏表同じレーベルが付いてるけど、逆に What A Woe っていう曲も気になるな。
  1. 2018/07/22(日) 22:22:46|
  2. Calypso,Carib Roots,Ballad
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グッディーズ・ブギー野外イベントお疲れ様でした

Coxsone - The Mellodonians - Throw Down Your Weapon



 ここ数日あっちいなぁ。溶けそうだ。大阪北部や広島、岡山など災害で被害にあっている地域の人には辛い気候だと思います。早く普通の生活に戻れますように。

 昨日というか今日、岐阜で行われたグッディーズ・ブギーの野外イベントに行ってきました。
 とりあえず岐阜ということで Opus に寄らないと始まらないので、真昼間から佐藤夫妻とあ~でもない、こ~でもないと美味しいコーヒーを飲みながら楽しい時間を過ごしました。
 ちょっとだけ話がズレるんだけど、このブログを見てくださっている本当にレコード好きな人、コーヒー好きな人は一度機会があったら是非 Opus のお店に行ってみてください。お店にはあまり他では取り扱っていないジャンルのレコードがたくさんあるし、一番は佐藤夫妻が楽しいのなんのって。
 野外イベントには、免許取りたて(取り立てでもないか)の佐藤さんの運転で一緒にイベントに行きました。山の中のキャンプ場でシステム出したり、お店出したりして、手作りの野外イベントでした。みんなで1から作り上げるのは本当に凄いな。情熱と人とのつながりがないとできないと思う。
 グッディーズ・ブギーのみなさんとも会えてお話できたし、ゲストの與田さんともお話できたし本当に楽しかったな。メンバーの皆さんはそれぞれ好きなところが違っていて、幅広く音楽が聞けるって良いですね。酒も食べ物も美味しかった。写真撮るの忘れたな。
 次(9月1日だそうです)もあるみたいなので、ぜひ気になる人は行ってみてください。
 
 Coxsone 産のメロウなロックステディ。UK盤のタイトル Let's Join Together として知られている曲ですが、JA盤は白×緑の Coxsone で、Melodians も Mellodonians となっている。コンディションの悪さがちょっとだけエエ感じ。でももうちょいマシなやつ欲しいな。
  1. 2018/07/15(日) 22:43:09|
  2. Studio1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad