心もよう-SkaのちRocksteadyところによりCalypso-

ジャマイカンオールディーズ(Ska Rocksteady)のレコードの事あれこれ

Shuffle Ska

Under The Old Oak Tree
St.1 - Cornel Campbell - Under The Old Oak Tree


 今、Excel で膨大な表を作り出したけど、Accessの方が便利かなと思って、パソコンに元から入ってる Access を使おうと思っても動かなくて。どうしたら動くんやろか。Access は使いたくないんやけど、検索色々できそうやから。Excel は検索機能が弱い様な気がするけど、関数とか使ったらイケるんかな~?

 一度、D Darling の綺麗なレーベル付きを見たのに、オリジナル・タイトルが「Turn Down Date」なために気づかずスルーしてしまった、苦い思い出の曲。プレスの悪い、この70'sプレス?で我慢してます。
 Cornel Campbell の初期の曲で、シャッフル・スカとしては最高峰の曲です。聞いているだけで、ほんまに楽しくなる曲。初めから終わりまで、良いところしかないんやけど、曲中に2回だけある太鼓の音が特に好き。途中何回か入ってもいいのに前半と後半にだけ入って、途中まだかまだかと太鼓を欲しがる自分がいます。
  1. 2015/10/25(日) 22:12:23|
  2. Studio1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キラー・スキャ

Ill Remember Jamaica A Ill Remember Jamaica B
Wirl - ???? - Yellow Duck

Wirl - Derrick Harriott - Land Of Sea And Sun


 妻が海外旅行に行ってるので、晩飯どうしようかなと思ったけど、1人ピザを頼みました。ピザカリオンっていうのがあって、大阪府内に2軒しかない内の1軒が、家から歩いていける距離にあります。毎月半額ピザがあってLサイズを2000円で宅配してくれます。Lサイズ1人で食べたら、最後はゲエ吐きそうになりました。もうやめとこう。面倒でもなるべく自分で飯作ろうと思いました。

 LP「 I'll Remember Jamaica 」からのキラー・インストゥルメンタル。このLPをずっと探していて先日の東京に行ったときにゲットしました。観光客向けのお土産レコードでして、ジャケットはなかなか珍しい見開きのやつで、ジャマイカの風景のポートレイト風な作りになっています。ジャケットはちょっと傷んでいるので、久しぶりに修復作業なんかもやってみようかな~なんて。
 主な演奏グループは Audley Williams Combo、ヴォーカルは Derrick Harriott で、ユルユルな感じのカリプソ曲ばっかりなんですけど、たった1曲だけ収録されている、全くLPの雰囲気には似ても似つかない詳細不明の激渋なスカ。なぜこれが収録されているのか全く意図が分かりませんが、多分 Audley Williams Combo の演奏ではないと思われます。ジャケットの裏にはご丁寧に1曲ずつ解説が書かれていますけど、この曲だけ「 This Is Ska 」としか書かれていません。
 この曲はこのLPでしか聞けないと思うけど、Youtube なんかでは7インチを見た記憶(実際にレコードが回っている動画じゃなかったような、ブルーのカラー盤やったような…)があるんで、そこはジャマイカ、もしかしたら7インチがあるのかもしれません。夢ありますね~。
  1. 2015/10/18(日) 23:02:36|
  2. その他 Ska
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Rock Steady

Duke Of Earl All My Tears
Trojan - Alton Ellis - Duke Of Earl

Trojan - Alton Ellis - All My Tears


 半分仕事の話なんですが、今月から始まっているマイナンバー制度。先月はこれの広報紙面を作るのにめちゃくちゃ苦労しました。これは手続きが便利になるというより、納税などを公平にするという趣旨なんで、自営のレコード屋さんなんかはさらに厳しくなるんじゃないかなと思います。ジャマイカのレコードが無くなってきた時期と重なって、お店側も買う側も辛い状況になってきました。

 今日は Randy's の Machine Shop の7インチを必死になって探していました。これには、カップリングが2種類あるらしく、通常は Lord Creator の Passing Through ですが、もう1つは Don Drummond の Don't Bury Me だそうです。自分が持っているのはどっちか確認するのに1時間半ほどかかりましたが、想像していた通り、通常カップリングでした。
 1時間半ほど漁っていたので、「今日は更新やんぴ」と心が折れそうになりましたが、そう言えばこれを更新してなかったなと、奮闘させてくれた2曲です。
 大分前に持ってた1枚は知人にあげてしまったので、しばらく持ってなかったのですが、小マシなやつがあったので買ったのを忘れてました。買ったときは盤面に泥が入っていたので、買ったときのコンディション表記よりは拭いて綺麗になった盤で、そんな盤がたまにあります。まあでも人気の曲なのに、なかなか綺麗なのが見つからない。
 Supersonics が最高の時期に、Alton Ellis が歌って、悪いはずがありません。両面ともキラキラした曲であります。個人的にはAll My Tears よりは Duke Of Earl が大好き。
  1. 2015/10/12(月) 23:55:00|
  2. T.Isle
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Ballad

Carnival.jpg
Discovery - Pamela Blygh - Carnival


 先日、東京に行ってまいりました。着いてすぐ築地に行ったんですけど、人の仕事場に邪魔しに行っているような雰囲気だったので居づらかったですね。でも関西やったら、怒鳴られそうなところでも、全然そんなことなかった。見習わないとね。
 そこで昼飯に「穴子丼」頼んだんやけど、焼穴子やなくて煮穴子やった。ほんだら「穴子の煮つけ丼」ちゃうの。何か拍子抜け。
 体調悪いのに来てくれた友人との久しぶりのレコード談義。「Top Deck あと何枚?」とか「こんなキラーな曲、知ってる?」などたくさん話しました。結局最後はお互い「まだいっぱい欲しいやつあるね」で解散しました。

 デザインも秀逸な Discovery レーベルからの「カーニバルの朝」。艶めかしい女性ヴォーカルと Ranglin らの控えめなサポートがめちゃくちゃカッコいい。
 曲は1959年の映画「黒いオルフェ」の主題歌で、いろんな人がカバーしています。コンディション悪いやつを取り敢えず買ってから、なかなか綺麗やつがなくて、この盤は少しチリノイズは入るけど、かなりマシな方と思う。何枚か見たけど盤面が綺麗でもチリノイズが入っている。
 安いから買ったはいいけど、最初はあまり好きではなくて、ヤードリンク・レコードさんで下の Cannonball Adderley の7インチが出ていたことがきっかけでめっちゃ好きになった。その7インチは残念ながら買えなくて、レコード屋さんでジャマイカ以外の音楽のレコード棚を必死で探したけど、見つからずです。
 
Cannonball Adderley - Morning Of The Carnival
  1. 2015/10/05(月) 21:34:12|
  2. Calypso,Carib Roots,Ballad
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad