心もよう-SkaのちRocksteadyところによりCalypso-

ジャマイカンオールディーズ(Ska Rocksteady)のレコードの事あれこれ

Cumbia

Zapatito Viejo
Disco MAG(??)- Tito Chicoma - Zapatito Viejo


 先日はイベント Sound Attack 大阪場所に行ってきました。当日は職場の日帰り旅行から直で行ったので、酒は泣く泣く控えて数杯で我慢しました。すごい盛り上がってて、楽しかったです。皆さんあんなけ盛り上げることができるってほんまに凄いな。
 ほんで色んな人に声かけてもらえて嬉しかったな。でも音大きすぎて相手の声がよく聞こえないのが残念。
 終電があったので、後ろ髪惹かれながら帰りましたけど、朝までなら居ましたのに。途中で帰るの嫌やな、最後までズッポリ行きたい。まあでも後のこと考えずにいかれへん自分がアカンのやけど。
 あと、スピーカーに近づきすぎたんか、2日間ほど耳がおかしくて。マイ・イアーは大きな音に弱いと改めて実感。

 今日はレコードを聞いているとクンビアの気分でしたので、久しぶりにクンビアを。好き嫌いが分かれると思いますが、自分としてはジャマイカの音にもつながる音。詳細は例のごとく分かりませんが、ペルー・ヴィンテージ・ラテン界の最重要アーティストだそうで、ジャケットを見るとトランペットを持っています。




IMG_20171107_081822.jpg IMG_20171107_081851.jpg

 ワテクシ恥ずかしながらプレイしちゃいます。他の出演者は間違いない人ばかりなので、お近くの人はぜひに。

FRIP SIDE
◆日時 12月10日(日曜日)14:00~22:00
◆場所 Coffee & Music OPUS(岐阜県岐阜市清住町3-5堀壱ビル1F)
◆Guest Selector
Masaki Kanamura(Clippers)
Yondeman & Naox(Blue Beat Yokosuka)
かきはな
◆Selector
Goodies' Boogie
  1. 2017/11/13(月) 22:21:04|
  2. Latin
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エギゾチカ・キラー

Jungle Bunny
Dootone(us)- The Fabulous Pearls - Jungle Bunny


 流行りに乗ってインスタもしてるんですけど、フォローさせてもらっている人に、めっちゃ自分と趣味が似通った人がおりまして(自分が勝手に思ってるだけです)。
 その人は、ジャマイカ音楽経由で、コロンビア音楽やアフリカ音楽など、見たことも聞いたこともない世界の7インチレコードを視聴付きであげてはって、自分が思い描く今聞いている音楽の先をその人がいってて、余りにも気持ちが高ぶっちゃって、先日、自分からダイレクトメールしちゃった。
 あげている曲も影と哀愁が漂う曲ばっかりなんですね。自分から人脈広げるタイプの質ではないので、何か自分から連絡するって今までしたことなかったなぁ。若い人か年上の人かすら全く分からんけど、1回会って酒一緒に飲んでみたいな。

 自分としては、そんなちょっとずつ(勝手になんやけど)広がっている音楽・レコードになるんやけど、最近のお気に入りで、レコードを聞くときは必ず聞く曲。
 女性1人、男性3人のドゥーワップのグループで、あまりレコードは出ていないみたいです(2枚だけなのかな)。これは1959年の作品ですが、恐らくこの盤は、レーベルの質感からするとオリジナル盤ではなく再発の類だと思います。
 ボーカルの Elsie Hall という女性の歌もめっちゃ上手くて聞き惚れる。アクセントのピアノが渋い。
  1. 2017/09/10(日) 21:10:45|
  2. Latin
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Latin

Just A Gigolo 1
Splendor(US)- Ramiro Cervera - Just A Gigolo


Just A Gigolo 3
Play Back(??)- Louis Prima - Just A Gigolo


Just A Gigolo 2
Capitol(ES)- Louis Prima - Just A Gigolo


 ブログをやり始めて10年も経ちました。一応、好きなことには根気を発揮するタイプなので、楽しんでやってるうちに10年という感じでしょうか。
 まあ、自分もそうやったんですけど、気に入ったレコードを買う一助になればと思います。ほんで、このブログを通して、同じ趣味の人とお知り合いになれたり、絡んでいただいたりできたことは本当に感謝しかありません。ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。
 
 10年を記念した曲を…って、そんな気の利いたことは全然考えておりませんでして、記念にどうのこうのは苦手なもので、まあいつも通りに最近気に入っている曲を。
 もしかしたら一緒かもしれませんが、この曲のファーストコンタクトは Determinations のCDが一番最初でしたので、Louis Prima を聞いたときは、渋いなぁという感想でした。
 でも、下の2曲だけなら更新しなかったんですけど、最近手に入れた黄色のやつが、エライ気に入りまして、このレーベルの黄と緑がまたエエのです。どうも下の2曲は、とっ散らかった感じがして、黄色のやつはしっかりまとまっているような感じがしています。エエか悪いかは分かりませんが、Just 7インチサイズ!
 白色のやつは、いつものお店で買ったので、ジャマイカ買付なのかな、どこの盤か分からない。でもちょっとテイクが違う。赤色(76年プレス)が Louis Prima カバーのオリジナルテイクかどうかも分からない。でも黄色のやつも声は Prima に似てるな。
  1. 2017/04/02(日) 18:33:31|
  2. Latin
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

キッキッキラー!

Papagalo Merengue Meet Your Later
HANF(us)- Hanf Dance Orch - Papagalo Merengue

HANF(us)- Hanf Dance Orch - Meet Your Later


 また台風来てる。先週も徹夜で職場待機やったけど、明日・明後日ぐらいもやばい。とりあえず木曜日だけは避けてほしい。何でかって?そら、レコードの日やから。

 久しぶりに脳天からケツの穴まで震えたキラー・ラテン。Cook のキラー・インストすら凌駕するインスト。
 アメリカのオハイオのソシアルダンスレーベルからの70’sらしいのですが、とんでもないキラーぶり。社交ダンス仕様ということなんですけど、こんな曲で踊るの?と思わずにはいられません。
 最初は控えめに入ってきて、途中でマックスに来るフルートがカッコよすぎ。ちょっと収録時間が短すぎない?もっと聞いていたいのにねぇ。レーベルには「メレンゲ・ジャズ」と書かれているけど、メレンゲなのかなぁ。Papagalo は鳥のオウムの意味。
 裏は Lindy Jazz やってさ。何とも軽い演奏。
  1. 2016/09/19(月) 21:45:16|
  2. Latin
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad