心もよう-SkaのちRocksteadyところによりCalypso-

ジャマイカンオールディーズ(Ska Rocksteady)のレコードの事あれこれ

Latin

What A Difference A Day Makes
Hoctor(US)- Hoctor Band - What A Difference A Day Makes


What A Difference A Day Made
Belter(ES)- Ben E.King - What A Difference A Day Made


Adorable You The Vow
Studio1 - Doreen Shaffer - Adorable You

  Studio1 - Jackie & Doreen - The Vow
  

 昨日、BSで東京喰種の実写版を見た。あまり期待はしていなかったけど、面白かった。意外とテーマは深い感じがしたし、設定とかも面白い。見終わった後、ネットで色々と見てもうたで。でも漫画の絵のタッチはあまり好きじゃない。

 どっかで聞いたことあるなと思ってたら、これでした。
 1934年に Maria Grever が作詞作曲。原題は「Cuando Vuelva a Tu Lado」でスペイン語の歌みたいです。Stanley Adams という人が英詩をつけてヒットしたとのこと。
 Hoctor の盤は裏表に3曲ずつの6曲収録されていて、チャチャやワルツ、スイングなど6種類のダンス・リズムが1分ほどで収録されています。一番上の曲はルンバと書かれている。もっと尺がきちんとしてたら、完璧やったのに。それだけが悔やまれますね。
 改めて聞いても、やっぱり Adorable You も The Vow も名曲やなぁ。UK盤がしばらくの間お店に残っていて、来月来た時に買おうと思ってたら無かった。ジャマイカ盤も綺麗なやつ見たのに買っといたら良かったな。未来永劫、愛される曲というのはこういう曲を言うのだと思う。
  1. 2018/04/29(日) 22:23:17|
  2. Latin
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ありがとうございました!

フライヤー表- フライヤー裏-

リベリアルズの雄姿
1520258878940.jpg
1520258874590.jpg

出演者(Whippy Tempoさんだけ写真が無くてすみません)
20180309083021ebf.jpg
1520262624427.jpg
1520258863725.jpg
1520222935563.jpg
1520222949756.jpg
1520222944926.jpg

 リベリアルズの20周年記念&ニューシングル・リリースパーティ終わりました!たくさんの人が来られて、大盛況のうちに終了しました。改めておめでとうございました。
 会場が人でパンパンだったので、ライブは後ろの方からしか見れなかったのが心残りですが、記念のタイミングに輪の中に寄せてもらえて、感謝、感激です。
 僕はリベリアルズの皆さんの醸し出す雰囲気が大好きです。バンド活動や音楽が生活の一部になっているというか、等身大の自分たちをしっかり表現している。そんな風に感じました。

 自分以外の出演者の皆さんも、ほんまにカッコよくて惚れ惚れしました。
 自分の出番はというと、自分でもびっくりする位のTheド緊張でワケわからんうちに終わったという感じです。昨年の3回のイベントも緊張はしましたが、あそこまではならなかった。

 出演者の皆さん、来場くださった方、応援してくださった方、本当にありがとうございました!
 あと、ニュー7インチもジャマイカ関連のお店で買えるそうなのでチェックしてみてください。エエ曲ですよ。ほんまに。

IMG_20180304_130045 (1280x960)
1520162354336.jpg
1520162361754.jpg

 次の日はこもださん、まつばらさん、はしづめさんが田原市を観光案内してくれました。あっという間で楽しかったですね。レコードや音楽、プライベートの話…
 「まつばらさんたちやこもださんとならまた一緒にやりたいなぁ」って書けるぐらい仲が深まった、そんな2日間でした。
 明けの仕事(今日だけど)は全然気が入らなかったな…




Drum City
Avant Records(US??)- ???? - Drum City


 イベントでかけたレコードで、何人かの人に「何て曲?」と聞かれたのがこの曲。この曲とその前後にかけた3曲の流れが個人的には心の中でニヤケている。
 ちょっと詳細は分からないのだけど、このレーベルからは結構な枚数が出ているようです。兎にも角にも火を噴くようなカッコいい曲です。
  1. 2018/03/06(火) 21:08:35|
  2. Latin
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

Cumbia

Zapatito Viejo
Disco MAG(??)- Tito Chicoma - Zapatito Viejo


 先日はイベント Sound Attack 大阪場所に行ってきました。当日は職場の日帰り旅行から直で行ったので、酒は泣く泣く控えて数杯で我慢しました。すごい盛り上がってて、楽しかったです。皆さんあんなけ盛り上げることができるってほんまに凄いな。
 ほんで色んな人に声かけてもらえて嬉しかったな。でも音大きすぎて相手の声がよく聞こえないのが残念。
 終電があったので、後ろ髪惹かれながら帰りましたけど、朝までなら居ましたのに。途中で帰るの嫌やな、最後までズッポリ行きたい。まあでも後のこと考えずにいかれへん自分がアカンのやけど。
 あと、スピーカーに近づきすぎたんか、2日間ほど耳がおかしくて。マイ・イアーは大きな音に弱いと改めて実感。

 今日はレコードを聞いているとクンビアの気分でしたので、久しぶりにクンビアを。好き嫌いが分かれると思いますが、自分としてはジャマイカの音にもつながる音。詳細は例のごとく分かりませんが、ペルー・ヴィンテージ・ラテン界の最重要アーティストだそうで、ジャケットを見るとトランペットを持っています。




IMG_20171107_081822.jpg IMG_20171107_081851.jpg

 ワテクシ恥ずかしながらプレイしちゃいます。他の出演者は間違いない人ばかりなので、お近くの人はぜひに。

FRIP SIDE
◆日時 12月10日(日曜日)14:00~22:00
◆場所 Coffee & Music OPUS(岐阜県岐阜市清住町3-5堀壱ビル1F)
◆Guest Selector
Masaki Kanamura(Clippers)
Yondeman & Naox(Blue Beat Yokosuka)
かきはな
◆Selector
Goodies' Boogie
  1. 2017/11/13(月) 22:21:04|
  2. Latin
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エギゾチカ・キラー

Jungle Bunny
Dootone(us)- The Fabulous Pearls - Jungle Bunny


 流行りに乗ってインスタもしてるんですけど、フォローさせてもらっている人に、めっちゃ自分と趣味が似通った人がおりまして(自分が勝手に思ってるだけです)。
 その人は、ジャマイカ音楽経由で、コロンビア音楽やアフリカ音楽など、見たことも聞いたこともない世界の7インチレコードを視聴付きであげてはって、自分が思い描く今聞いている音楽の先をその人がいってて、余りにも気持ちが高ぶっちゃって、先日、自分からダイレクトメールしちゃった。
 あげている曲も影と哀愁が漂う曲ばっかりなんですね。自分から人脈広げるタイプの質ではないので、何か自分から連絡するって今までしたことなかったなぁ。若い人か年上の人かすら全く分からんけど、1回会って酒一緒に飲んでみたいな。

 自分としては、そんなちょっとずつ(勝手になんやけど)広がっている音楽・レコードになるんやけど、最近のお気に入りで、レコードを聞くときは必ず聞く曲。
 女性1人、男性3人のドゥーワップのグループで、あまりレコードは出ていないみたいです(2枚だけなのかな)。これは1959年の作品ですが、恐らくこの盤は、レーベルの質感からするとオリジナル盤ではなく再発の類だと思います。
 ボーカルの Elsie Hall という女性の歌もめっちゃ上手くて聞き惚れる。アクセントのピアノが渋い。
  1. 2017/09/10(日) 21:10:45|
  2. Latin
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad