FC2ブログ

心もよう-SkaのちRocksteadyところによりCalypso-

ジャマイカンオールディーズ(Ska Rocksteady)のレコードの事あれこれ

福岡近郊の方はぜひに

1533182126092.jpg
1533181985349.jpg

 画像大きくでけた。

 10月に福岡県にお呼ばれしましてレコードかけることになりました。Tarojan さん、Fujino さん、Golden Oldies さんが開催する Country Yard というイベントです。2回目の開催ということで、こんなカッコええフライヤー見るとプレッシャーです。
 雰囲気がどんな感じなんか全然分からんけど、まあ分かったところで、それに合わせる技術もないし、自分ができることは限られていて単純明快なので、このブログのように自分の好きな曲を聞いてもらうことだけです。しんぞう若大将もおるし安心。良いレコード頑張って選んでいきます。
 福岡県初めてだけど、家から会場まで最短2時間位で行けるってビックリ。でも1人で飛行機乗れるか不安でございます。
 いろんな人にお会いできるの楽しみだな。連休の中日なので、お近くの方はぜひともお越しくださいね。

Country Yard 第2回
◆日時 10月7日(日)20:30~
◆場所 Upsetters(福岡市中央区春吉3-13-24-2)
◆ホスト・セレクター
  GOLDEN OLDIES
  TAROJAN
  AKICO FUJINO
◆ゲスト・セレクター
  SHIN-ZO(SET ME FREE)
  かきはな
◆入場料 1,500円




Lee's - Glen Adams - Only Seventeen


 昨日は朝から晩まで仕事で、ずっと立ちっぱなしだったから疲れた。夜は花火の撮影で、地域の小さ目の花火でしたが、100メートル以内でおったから結構怖かった。普段なら色んなもんが落ちてくるみたいやけど、無風やったので何も落ちてこなくて良かったな。

 Lee's からの泣きの1発。フワフワ系のロックステディ。とりあえずコンディション悪いやつ買ってから、綺麗めのやつが中々見つからなかった。
 色々な人の話を聞くと「コンディション良いやつじゃなければ次の機会を待つ」という人が結構多いような気がする。自分は「なんでもかんでも気になる盤はコンディション関係なく買う」でずっときたので、凄いなと思う。自分は我慢できないのと次に見かけなかったらという不安があるからなんだけど。家で聞けたら満足ということもある。人それぞれのこだわりの買い方があるんだなと気付けるのは、人と話すことだけですね。脱線しました。
 これは裏の曲の方が人気あると思うけど、そっちはあまり好きじゃなくて断然こっち。Island(UK)もあると思うけどUK盤は今まで見たことないかもしれん。
  1. 2018/08/05(日) 18:50:24|
  2. その他 Rock Steady
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Rock Steady

Safe Travel No One To Give Me Love
Caltone(UK)- Phil Pratt - Safe Travel

Caltone(UK)- Larry Marshall - No One To Give Me Love


 ちょっと前に自分の中で衝撃的なことありまして。ガラホって知ってはります?
 ずっとガラケーを使ってた会社の年下の子が持っていて、ガラケーやのにガラホとか言うてるから“何言うてんの?”とずっと思ってたら、ほんまにそんなんあるんですね。ビックリっす。
 
 最近、自分の中で興味が微増している No One To Give Me Love がこの季節にピッタリかなと思って録り始めましたが、Safe Travel を聞くとやっぱり好みは断然こっちやな。No One To Give Me Love はエエ曲なんだけど、ちょっと軽い感じするねんなぁ。だから自分の中では中の中程度の好き度ですが、これから右肩上がりするかもしれへんけど。
 自分はカラッとした曲より、哀愁があったり影を落としたりしている暗い曲が好きだから、Safe Travel を聞くと自然と体が動いちゃう。あと大体「あーあーあー」ってコーラスのとこ歌ってしまう。この世の終わりっていう感じもするし、神聖な感じもする。曲が短いから尺が長かったらもっといいのにね。
 No One To Give Me Love はジャマイカ盤が出ているか分からんけど、Safe Travel は Wiggle Spoon(Phil Pratt のレーベルやったかな…)から別カップリングでリリースされています。そっちも欲しいけど中々タイミングが合わない。
  1. 2018/04/08(日) 11:35:16|
  2. その他 Rock Steady
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Late Rock Steady

Pama(UK)- Eric Monty Morris - Tears In Your Eyes


 今日は夜の変な時間から仕事やから行くのうっといな。ほんまやったら無かった仕事やから余計めんどくさい。

 ジャマイカは New Beat からリリースされている Monty Morris の数少ないロックステディ(後期ロックステディかな)の泣きの1曲。
 Monty Morris 大好きやのに、この曲を全然チェックしてなくて頭に無かった。Pama(UK)とか New Beat はそんなにちゃんと見てないし、チェックしてなかったな。これからはチェックしよう。
 偶然にも京都でこのUK盤を買った帰りに、難波でこの曲なんですか?と尋ねてJA盤を買いそうになった。個人的にはJA盤とUK盤は別物と思っているのでJA盤も買ってもよかったんやけど、なんぼなんでも同じ日に同じ曲を買うのをためらっちゃった。
 前半、ちょっとだけ音が片方だけしか聞こえない部分があるんやけど、この盤だけの問題じゃないような感じ。ジャマイカ盤はそうじゃないかもしれんけど、ピカピカのレーベル付きがあったら今度買おう。




フライヤー表- フライヤー裏-

THE RE-BURIALS 4th single release party
SKA DOWN JAMAICA WAY
日時 2018年3月3日(土)18:30オープン
場所 SKYJUICE(愛知県豊橋市松葉町1-14 B1)
2,000円(別途1d)+プレゼント付

◆Live
THE RE-BURIALS
WHIPPY TEMPO(from Hamamatsu)
Tropicos(from Tokyo)
◆DJ
SKA SHUFFLE(from Shizuoka)
Komoda(こもぱん)
KEI(SKA BOO DA BA)
HASE(時鳥SHOWCASE / Skylarking)
Ado(Loom)
Kakihana(from Osaka)
◆SHOP
Special Coffee 蒼-soh-Dinner
Loom

 今、持って行くレコードを選んでいるんだけど、進捗状況は2割程度。どんなんやったら喜んでもらえるのか考えると、なかなか難しくて。今日も仕事までに色々と考えます。かけるか分からんけど、Monty は持って行くと思います。
  1. 2018/02/04(日) 13:53:04|
  2. その他 Rock Steady
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FRIP SIDE ありがとうございました

IMG_20171107_081822.jpg IMG_20171107_081851.jpg
IMG_20171211_084413.jpg
 先週の日曜日、岐阜Opusでのイベント FRIP SIDE 無事にやってきました。

 楽しくてあっという間でした。やっぱり自分の出番はレコードをかけることに必死で、何かよう分からん内に終わったという感じです。やりながらでも、もうちょっと皆さんがどんな感じか見ていたら良かったな。でも他の人の曲を聞いたり、初めての人と話したり、お店の雰囲気を楽しんだりするのはめっちゃ楽しかったな。
 あまり無いんですけど、そんなに酒飲んでないのに途中覚えていないこともあったりで、多分テキーラを飲んだからかもしれん。3回位飲んだ記憶があるんやけど…。いつもは撮影が頭になくてほぼ撮らないんですけど、写真(ボケボケですけど)も10枚位撮っていて、それも覚えていない。
 1回目の出番は、自分としてはオーダーに対して上手く応えられなかったかなと少し反省しています。もうちょっと色んな曲入れたかったんですけど、難しかったな。でも喜んでもらえていたら、こんなに嬉しいことはないですけど。
 ご一緒した Clippers 金村さん、Blue Beat Yokosuka ヤンさん・なおさん、Goodie's Boogie の皆さん、選曲はもちろんながら、ほんまにめっちゃ気さくなエエ人たちばかりで、そんな人たちに寄せてもらって嬉しかった。Opus に持つイメージと同じ雰囲気のイベントでした。
 ほんで前に出してもらった静岡スカシャッフル、シンゾウさんのセットミーフリーと違ったことがありましてね。チューンフィチューンっていうんですか、レコードの掛け合いっこするやつ。あれが最後にあって、何か分からんけど今までにない楽しさがあって「エ~もう終わるん?」って感じでした。
 ちょっとした都合上、妻と妹もちょろっと来たんですけど、皆さんが話しかけてくれたりしてめっちゃ良くしてもらったと喜んでいました。ジャマイカの音楽にはあまり興味はないんですけど、皆さんのファッションに興味津々だったみたいです。皆さんお洒落と宣ってました。

 改めて、金村さん、ヤンさん、なおさん、ワサさん、しのださん、しょうさん、フナプソさん、サンタさん、ジャスパーさん、あゆみさん、ピンキーさん、ともこさん、れいさん、松原さん、Yoheiさん、えびなさん、ノダサマーさん、来てくださった方、(コモダさん、シンゾウさんも)、何より Opus 佐藤さん、まりさん、本当にありがとうございました!!!!!!!!!


IMG_20171210_163257 (1500x2000) 金村さん
IMG_20171210_201907 (1500x2000) ヤンさん
IMG_20171210_202404 (1500x2000) なおさん
IMG_20171210_182227 (1500x2000) ワサさん
IMG_20171210_214407 (1500x2000) しのださん、フナプソさん、ジャスパーさん(サンタさんだけ撮り損ねてた。ごめんちゃい)



Theres Gonna Be A Ram Jam
JAD - Byron Lee - There's Gonna Be A (Soul Day)

JAD - Byron Lee - Ram Jam


 かけたいと思って、実は3回のイベント全部に持って行っていた盤。かけてもあんまり盛り上がらなさそうなのはありありのような気がするけど、Byron Lee もこんな渋い曲やってるんやよってことを知ってほしくて(知ってたらごめんさなさい)。
 こんな感じはソウルっぽいのかな…。何枚かこんな曲調のレコードは思いついて、そんなんかけてもオモロイかな、なんてイベント前には考えてました。
 上の曲のキラーとはまた違って裏も良いのよ。
 どうでもいいけど JAD のレーベルの上のイルカみたいマークなんやろね。
  1. 2017/12/17(日) 00:08:02|
  2. その他 Rock Steady
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad