FC2ブログ

心もよう-SkaのちRocksteadyところによりCalypso-

ジャマイカンオールディーズ(Ska Rocksteady)のレコードの事あれこれ

Shuffle Ska

Tutti Frutti
Carnival(UK)- Errol Dixon - Tutti Frutti


 最近 YouTube で怪談話動画、だし巻き卵づくり動画、犬と赤ちゃん動画、洗濯機の洗浄動画、下水管の洗浄動画なんかをよく見てます。そうやって書き出すと、自分の精神状況どないなってんねんと思う。

 あまり見向きもされないUKレーベルからの疾走するシャッフル・スカ。UK録音なのかな~、分からんけど。
 Errol Dixon っていう人は Blue Beat なんかでちょくちょく名前は見かける。大体がシャッフル系の音やとは思うんやけど。1937年ジャマイカ生まれで、音楽のキャリアはイギリスで始めたらしい。楽器はピアノをするんやね。
 珍しいオリジナル・スリーブ付きですわ。




Country Yard 第2回
◆日時 10月7日(日)20:30~
◆場所 Upsetters(福岡市中央区春吉3-13-24-2)
◆ホスト・セレクター
  GOLDEN OLDIES
  TAROJAN
  AKICO FUJINO
◆ゲスト・セレクター
  SHIN-ZO(SET ME FREE)
  かきはな
◆入場料 1,500円


 10月に向けて只今どんなレコードをかけようか考え中。テーマはすぐに決まりましたが、レコード選びが難しい。楽しいけど、イベントしようと思ったら大変ですな。ほんまに。

1533182126092.jpg
1533181985349.jpg
  1. 2018/08/11(土) 23:30:19|
  2. その他 Ska
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福岡近郊の方はぜひに

1533182126092.jpg
1533181985349.jpg

 画像大きくでけた。

 10月に福岡県にお呼ばれしましてレコードかけることになりました。Tarojan さん、Fujino さん、Golden Oldies さんが開催する Country Yard というイベントです。2回目の開催ということで、こんなカッコええフライヤー見るとプレッシャーです。
 雰囲気がどんな感じなんか全然分からんけど、まあ分かったところで、それに合わせる技術もないし、自分ができることは限られていて単純明快なので、このブログのように自分の好きな曲を聞いてもらうことだけです。しんぞう若大将もおるし安心。良いレコード頑張って選んでいきます。
 福岡県初めてだけど、家から会場まで最短2時間位で行けるってビックリ。でも1人で飛行機乗れるか不安でございます。
 いろんな人にお会いできるの楽しみだな。連休の中日なので、お近くの方はぜひともお越しくださいね。

Country Yard 第2回
◆日時 10月7日(日)20:30~
◆場所 Upsetters(福岡市中央区春吉3-13-24-2)
◆ホスト・セレクター
  GOLDEN OLDIES
  TAROJAN
  AKICO FUJINO
◆ゲスト・セレクター
  SHIN-ZO(SET ME FREE)
  かきはな
◆入場料 1,500円




Lee's - Glen Adams - Only Seventeen


 昨日は朝から晩まで仕事で、ずっと立ちっぱなしだったから疲れた。夜は花火の撮影で、地域の小さ目の花火でしたが、100メートル以内でおったから結構怖かった。普段なら色んなもんが落ちてくるみたいやけど、無風やったので何も落ちてこなくて良かったな。

 Lee's からの泣きの1発。フワフワ系のロックステディ。とりあえずコンディション悪いやつ買ってから、綺麗めのやつが中々見つからなかった。
 色々な人の話を聞くと「コンディション良いやつじゃなければ次の機会を待つ」という人が結構多いような気がする。自分は「なんでもかんでも気になる盤はコンディション関係なく買う」でずっときたので、凄いなと思う。自分は我慢できないのと次に見かけなかったらという不安があるからなんだけど。家で聞けたら満足ということもある。人それぞれのこだわりの買い方があるんだなと気付けるのは、人と話すことだけですね。脱線しました。
 これは裏の曲の方が人気あると思うけど、そっちはあまり好きじゃなくて断然こっち。Island(UK)もあると思うけどUK盤は今まで見たことないかもしれん。
  1. 2018/08/05(日) 18:50:24|
  2. その他 Rock Steady
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Calypso

Karange.jpg Mary Ann
Fiesta(US)- Sir Lancelot - Karange


Fiesta(US)- Sir Lancelot - Mary Ann


 今週末は台風で急に仕事になって、徹夜仕事。先週のイベントの家出発~帰宅の時間がほとんど同じという神さんの悪戯。こっちは被害とかは無くて良かったけど、大変な地域もあるし。でも徹夜は体に堪えるな。

 最近お気に入りのキラー・カリプソ。トリニダード出身の Lancelot Victor Edward がボーカルで1957年の録音みたい。声もカッコええし、何より演奏が渋い。アメリカのレコードみたいやけど、演奏しているのはアメリカの人らなんかなぁ…。アフリカの雰囲気を感じる。
 「カランゲ」ってどういう意味なんかな。ネット引きしても分からない。ルワンダの都市にあるみたいやし、ヒンズー語なんか…。
 これは別の人のテイクもあって、そっちも渋くて欲しいんやけど、たまに検索するけどレコードは出てこない(下のやつ)。Young Tiger テイクは Lancelot テイクに比べるともっとカリプソな感じ。カリプソやのにもっとカリプソ寄りっていうのも変やけど、そっちを聞くと Lancelot テイクはちょっとラテンっぽい感じがする。
 裏は Lord Tanamo も演っているトラディショナル・ソングの、またまた渋い版です。

  1. 2018/07/30(月) 22:11:02|
  2. Calypso,Carib Roots,Ballad
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Ballad

You Are The One Girl
King Pioneer - Theo Beckford - You Are The One Girl


King Pioneer - Theo Beckford - Grudgeful People


 昨日はオーミさん・シンゾウさん・シンジくんが主催のオミヨシンジポンタン(仮)に行ってきました。その前にジャンボリーに立ち寄って美味しいお酒とスパゲッティ頂いてから行きましたんで、スカポンタンに着いたときにはホロ酔いをちょい超し状態。
 ジャンボリーではエエ曲教えてもらったし、オミヨシンジポンタンでは初めましての方とも話できたし、色んなレコード聞けたし、充実&楽しかった週末。

 Theophilus Beckford のレーベル King Pioneer は、結構、魅惑のレーベルだと思ってるんですけど、あまり見けることはない。好きな理由は Raymond Harper が絡んでいる曲が多いのと、佳曲が多いから。Theo Beckford はピアノを演奏したと思うんだけど、歌より曲作りや演奏の方が長けてるように思う。
 そう言えばオミヨシンジポンタンのラスト前のオーミさんがかけてたカリブバラードが Raymond Harper の演奏で、めっちゃ渋い曲だったけど、遠慮してよう聞けんかった。なんちゅう曲やったんやろか。
 上のバラードも出だしから Raymond Harper が全開で、ソロに来たら昇天してしまう。ほんで Raymond Harper の陰に隠れてるけど、ええアクセントになっているのは Ernest Ranglin のギター。裏の曲(こっちがA面やね)は全く Raymond Harper はいないけどナイスなシャッフル・スカ。
 King Pioneer レーベルは黒×銀が多いけど、2~3枚でしか見たことない赤×黒の方がカッコいい。ミスクレジットしていて裏表同じレーベルが付いてるけど、逆に What A Woe っていう曲も気になるな。
  1. 2018/07/22(日) 22:22:46|
  2. Calypso,Carib Roots,Ballad
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad